開発ブログ「安全性のエビデンス」で、アメリカの点鼻薬・Xlear(キシリア)がGSEを含んでいること、そのGSEがSARS-CoV-2ウイルスに効果があることが判明し、臨床試験に入っていることを紹介した。そろそろ論文になって公開されはじめているので、紹介しておきたい。

なお、GSEはGrapefruit Seed Extract(グレープフルーツ種子抽出物)の略。MISTECTウォーターは精製水とGSEという構成である。他の添加物を含んでいない。

「症状が急速に改善した」という報告

まず2020年11月3日に公開された論文を紹介する。

Potential Role of Xylitol Plus Grapefruit Seed Extract Nasal Spray Solution in COVID-19: Case Series
(症例研究:キシリトールにGSEを加えた点鼻スプレーはCOVID-19における解決策となる可能性を秘めている)

この研究は、比較的軽症のCOVID19患者にXlearを使ってもらい、経過観察した症例を紹介したもの。以下、要約から抜粋する。


“We present a series of three mild-moderate risks, symptomatic, COVID-19 patients, treated with the intranasal combination, as an adjuvant to their ongoing treatment, with rapid clinical improvement and shorten time to negativization on repeat intranasal swab test via PCR. No safety issues were noted during the course of treatment. Xlear nasal spray, containing xylitol plus GSE, given its established safety profile and compelling clinical results described here, could be a potential adjunct treatment option in mild-moderate COVID-19 cases.”

(試訳)軽症だが、症状の出ているCOVID-19患者3例を対象に、継続中の治療に対する補助として本剤を経鼻投与したところ、臨床症状が急速に改善し、反復経鼻スワブPCR検査で陰性化するまでの時間が短縮されたことを報告する。治療期間中の安全性の問題は報告されなかった。キシリトールとGSEを配合したXlear点鼻スプレーは、その安全性プロファイルが確立されており、ここに記載されている説得力のある臨床結果が得られていることから、軽度・中等度のCOVID-19症例における補助治療の選択肢となる可能性があると考えられる。


安全であること、そして急速に症状が改善したことに注目だ。このことを報じたBusiness Wireの記事はこちら。2020年11月10日付けである。

Xlear Announces Potential Role of Xylitol Plus Grapefruit Seed Extract Nasal Spray Solution in COVID-19
https://www.businesswire.com/news/home/20201110005194/en/
その和訳記事(時事ドットコム)
https://www.jiji.com/jc/article?k=20201201005744&g=bw

実験室でもGSEの不活化効果を確認

続いて、2020年11月25日に、bioRxiv(バイオアーカイブ)に投稿された論文である(査読前論文)。

A Nasal Spray Solution of Grapefruit Seed Extract plus Xylitol Displays Virucidal Activity Against SARS-Cov-2 In Vitro
(GSEにキシリトールを加えた点鼻スプレーは、実験室で、SARS-Cov-2を不活化する動きを示した)

この研究は、「XlearのGSEが新型コロナウイルスを不活化する」という情報を確認したものである。同様に要約から抜粋する。


”This in vitro study examined the virucidal effect of Xlear against SARS-CoV-2. To this end, two independent sets of experiments were carried out to test the hypothesis that Xlear is an effective (Experiment I) and replicable (Experiment II) means to deactivate SARS-CoV-2. When tested against SARS-CoV-2, the test compound GSE 0.2% was the only compound effective at reducing >3 log10 CCID50 infectious virus from, 3.67 log10 CCID50/0.1 mL to an undetectable amount of infectious virus. The present results validated by two independent sets of experiments, performed by different labs, on different viral strains, provide early evidence to encourage further pilot and clinical studies aimed at investigating the use of Xlear as a potential treatment for COVID-19”

(試訳)この実験室での研究は、SARS-CoV-2に対するXlearのウイルス不活化効果を確認するものである。この目的のため、Xlearが効果的な手段であるという仮説(実験I)と再現性があるという仮説(実験II)のもとに、2つの独立した実験セットを実施した。SARS-CoV-2に対して試験を行ったところ、試薬のGSE 0.2%が唯一有効なものであり、3.67 log10 CCID50/0.1 mLから3 log10 CCID50以上の感染ウイルスを減じ、感染性ウイルスを検出不可能な量とした。本結果は、異なるウイルス株を用いた2つの独立した実験で検証されたもので、COVID-19治療薬としてのXlearの可能性を示す結果で、さらなる試験的および臨床的研究を進めるに値する証拠である。


慎重にテストされ、結果を出している。多数出ている軽症の患者に対して有効で、早くPCR検査が陰性となり、早く社会復帰できるのであれば、GSEはまさに救世主となる可能性もある。

(Author:古瀬幸広)